即日キャッシングするならここ!

プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

プロミスの即日融資の方法は二通り!
即日振込

平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込みが可能。銀行カードローンと違って振込先を選ばないので便利。銀行カードローンは即日振込に対応していなかったり午前中に契約完了しなければいけなかったりと条件が厳しい中このような対応は嬉しい限り。

即日カード発行

プロミスの全国に展開する多数の店舗・ATMを駆使してオンライン契約が完了すれば即日カード発行が可能です。カード発行ができればその場で手数料無料で引き出しが可能。スマホでポイントサービスに申込めば即日初回30日無利息サービスの利用も可能ですよ。

プロミスのメリット
  • 業界髄一の審査スピードとメガバンク保証会社の審査能力で即日融資
  • 初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)があるので金利的にも有利
  • 在籍会社への確認の電話が困るという方にも書類にて代替が可能
  • 自社ATMも多数あるので土日祝でも問題なく即日融資可能。
  • 女性でも申込めるの?という心配を抱える女性にも女性オペレーターが安心なレディースキャッシングあり

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

アコムの即日融資の方法は二通り!
即日振込

平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込みが可能なのはプロミス同様。アコムも銀行カードローンと違って振込先を選ばず、銀行カードローンは即日振込に対応していなかったり午前中に契約完了しなければいけなかったりと条件が厳しい中このような対応は嬉しい限り。

即日カード発行

アコムもプロミスと並んで全国に展開する多数の店舗・ATMを駆使してオンライン契約が完了すれば即日カード発行が可能な上に、キャッシング機能付クレジットカード『アコムマスターカード』も即日発行可能。カード発行ができればその場で手数料無料で引き出しが可能。

金利 年4.5%〜18.0% 借入限度額 最高300万円

アイフルの即日融資の方法は二通り!
即日振込

平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込みが可能。審査スピードも編集部調査時には早くて即日振込み可能時間であればオペレーターからその場で振込融資の案内がある。

即日カード発行

全国に多数のてまいらず(無人契約でんわBOX)がある。オンライン契約が完了していればてまいらずにて即日カード発行も可能。

モビット

金利 年4.8%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

モビットの即日融資の方法も二通り!
即日振込

モビットの場合の即日振込の条件は少し違っていて平日14:50までに振込手続きが完了ということになっています。が、もちろんこの為ににはオンライン契約を14:00頃までには済ましておかなければならないのでプロミス・アコムと同じくらいの条件と見ていいでしょう。

即日カード発行

モビットの場合プロミスやアコムほどローン申込機はありませんが、都会で探すのに困るほど少なくありませんので問題はないです。ローン申込機でカード発行できればその場で融資可能。モビットを選ぶ人は人気の『WEB完結』を利用する方も多いので即日融資の場合はそれなりに時間の掛かる『WEB完結』は対象外と考えていいでしょう。

※全てのカードローンの即日融資は審査結果によります。

即日キャッシングにチャレンジ!

オリックス銀行カードローン

即日審査という表記になっていますが即日融資のサービスはありません。低額の今すぐお金が必要という借入枠の金利ではメリットがないのでそのサービスの必要もないかとは思います。

 

しかも私の場合なぜか審査に落とされましたし。オリックス銀行カードローンは年収2000万円以上が申込条件にありますが、それもクリアしてるし借金もないのになぜなんでしょうね。近々再チェレンジしますので結果はまたお伝えします。

 

高額の目的のあるローンやおまとめなどの高額借入の際には力を発揮するローンです。

(調査日2013/11/28)

 

他にも即日キャッシングできるかどうか微妙な案件を随時検証していきますのでお楽しみに!

即日キャッシングを申し込む上で注意しておきたいこと

アコムやプロミスをはじめとする消費者金融業者などからキャッシングを利用する場合のメリットは、やはり「即日融資」にあります。

 

即日キャッシングは、今やほとんどの消費者金融業者や銀行カードローンなどで対応可能ですが、それでもいつ申し込んでも対応できるというわけではありません。まず注意したいのは、

「時間」

です。消費者金融業者といえばスピーディーな審査に加えて、インターネットでの申込など様々なサービスを展開しており、プロミスやアコムの申込そのものは非常に手軽になっています。

 

それだけに、即日キャッシングを目指すのであれば申し込む時間については気をつけたいところであり、できれば午前中には申し込みを済ませておきたいところです

 

即日キャッシングを受けるということは、業者からすれば審査についてもその日のうちに完了しておく必要があります

 

審査そのものにかかる時間は最近では非常に早くなっているものの、それでも審査を開始するためには必要とされる書類がすべて揃っていることが条件となります。

 

そのため、即日キャッシングを受けるためのもうひとつの条件としては、

「書類」

となります。これは、特に即日キャッシングだからというわけではなく消費者金融業者などからキャッシングを申し込む場合には、身分証明書などを用意する必要があります。

 

当然ながら申込書だけを提出すればそれで融資が受けられるというわけではありませんので、即日キャッシングについても書類を揃えなければ受けることはできません。

 

申込書類についても、間違いがないようにしっかりと記入する必要があり、特に銀行への振込キャッシングを希望するのであれば振込先を間違えないようにしましょう。

 

審査が通っても記入した振込先が間違っている場合には当然ながら入金することはできませんので、申込書への記入はある意味即日キャッシングで最も注意したい部分といえます。

 

今やキャッシングを利用するうえで「常識」となりつつある即日融資ですが、申し込む側も気をつけておかなければならない点が多々あるといえますね。